モチベーションが下がったときの対処法3選

はいど~も!こ~たです。

最近モチベーション上がってますか?

下がりやすいですよね~。

でも、そんなときに対処法があったら便利ですよね!

今回は対処法を3つご用意しましたので、ご紹介します。

結論からいいますと、

①尊敬する人の声を聴いたり文章を読む

②5分だけやってみる

③過去の自分と比較する

の3つです。

それでは、1つずつ紹介します!

尊敬する人の声を聴いたり文章を読む

これって「癒し効果」があるんですよね。

【尊敬=好き】好きな人の声って聴いてるだけでテンション上がるし、楽しくなってきます。

そこに、ためになる話だと、もう言うこと無しですよね(笑)

どんなにイライラしていても、話を聞いているだけでだんだんと気持ちが落ち着き、

笑いまで起こります。

そうなってしまえば、モチベーションはもう大丈夫です。

ぼくの場合なんですが、ある日の仕事帰りです。

繁忙期もあってやりたくもない残業で、心も体も疲れきってました。

いつもは、帰りの車中で音声メディアの録音をするんですが、

その日はイライラが募って、モチベーションだだ下がり。

そんなときに、ぼくの尊敬する「イケハヤさん」「しゅうへいさん」の

Voicyを聴くことにしました。

聴いているうちに、だんだんとイライラもなくなり

なんだか楽しくなってきました。

しかも有益な情報付き(笑)至れり尽くせりです!

その日はモチベーションも上がり、気分も癒され、読書もはかどり、良い睡眠がとれました。

このように、尊敬する人の声を聴いたり文章を読むことは、抜群の効果があります。

ぜひお試しください!

5分だけやってみる

モチベーションが下がっているときって、ほんと何もやれなくなってしまいますよね。

でも、だまされたと思って5分だけやってみてください。

やり方は簡単です。

タイマーを用意して5分だけやる!ただそれだけです。

これが不思議なんです。

人って「慣性の法則」が発動し、5分やりだすときりがいいところまでと思い、

10分、30分とドンドンやっちゃうんです。

で、知らないうちに5分じゃ終わらないことでも、終わらせてしまうんです。

おもしろいですよね(笑)

タイマーってこういう使い方もあるんだと発見できました。

ぼくも毎日「写経」をやるときに使っています。

タイマーの時間になっても、きりがいいところまでやっちゃうんですよね(笑)

過去の自分と比較する

これめちゃくちゃ大事なことなんです。

人ってどうしても、自分ではなく他人と比較しちゃうんですよね。

しかも、比較する人はいつも「スゴイ人」。

これやっちゃうと確実にモチベーション下がります。

「この人、月に500万円稼いでる。」「自分は20万円。」

「音声配信、毎日5本も上げてる。」「自分は1本。」

「Twitterフォロワー3万人。」「自分は100人。」

こんな比較してたら、何もやりたくなくなります。

こういうときは、「この人(相手)も同じ人間なんだからぼくにもできる!」

ぐらい思わないとやってられません(笑)

すみません!話が脱線しました。

そうではなくて、「過去の自分と比較する」ですね。

【過去の自分=ショボイ自分】になります。

毎日毎日コツコツ継続していれば、確実に過去の自分よりたくましくなります。

なので、モチベーションが下がったときは、過去の自分を振り返り

「昔はへたくそな文章書いてたな(笑)」

「昔は全然話せてないな(笑)」

「昔はゲームばかりやってたな(笑)」

と思い出すと、成長を感じられモチベーションを上げることができます。

そうなることで、「今日もコツコツ積み上げよう!」となり

モチベーションをキープできるのです。

まとめ

というわけで、モチベーションが下がったときの対処法3選とは

①尊敬する人の声を聴いたり文章を読む

→癒しの力でモチベーションアップ!

②5分だけやってみる

→慣性の法則でモチベーションアップ

③過去の自分と比較する

→成長を感じてモチベーションアップ

これで明日からモチベーションが下がっても大丈夫!

ぜひ参考にしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

でわでわまた明日。

タイトルとURLをコピーしました