格安SIM VS 携帯キャリア!!

買い物

はいど~も!こ~たです。

今回は、誰もが持っているスマホ(スマートフォン)のお話です。

皆さんは「格安SIM」使ってますか?

ぼくは、だいぶ前から使っています。

格安SIMといっても色々ありますので、まずはそこからいってみましょう。

格安SIMとは?

携帯キャリア(NTTドコモ、ソフトバンク、au)から電波を借りて、通信サービスをする業者のことです。

有名なメーカーとしては、

・NTTドコモ系は「楽天モバイル」

・ソフトバンク系は「ワイモバイル」

・au系は「UQ mobile」

になります。

どのメーカーもCMをばんばん流して宣伝してますね。

格安SIMの料金は?

一番気になるのが料金ですよね!

料金はどこでも、携帯キャリアより明らかに安いです。

携帯キャリアの平均は月額10,000円に対して、

格安SIMは高くても月額5,000円です。

もうこの時点でほぼ2倍の違いがあるんです!

これが年間になると、約60,000円!10年だったら600,000円です。

ここまで金額の差があるのに、面倒くさくて変えられないって言う人は、

お金が嫌いとしか思えませんね(笑)

ぼくは、「ワイモバイル」と「楽天モバイル」を持ったことがあります。

「ワイモバイル」のときは、月額2,980円でした。

携帯キャリアから変えたばかりだったので、もの凄くやすく感じました。

しかし、今は「楽天モバイル」を持っています。

こちらはなんと、【月額1,500円】なんです。(2年間ですが。)

もうこの金額で持ってしまうと、2,980円って言われても高く感じてしまいます(笑)

格安SIMの通信環境は?

次に気になるのが通信環境ですよね。

結論からいうと、携帯キャリアとまったく変わりません!

断言できます!

そもそも、携帯キャリアから電波を借りているので、通信環境が変わるわけがないんですよね。

でも、スマホを乗り換えるときにソフトバンクの店員さんから、

「格安SIMは電波が繋がらないときがありますよ。」と言われました。

ビックリですよね(笑)そんなに変えてほしくないんだ~って思いました。

ぼくは今「楽天モバイル」を使っています。

プランは「スーパーホーダイプランS」を契約しており、

このプランがすごくいいんです。

2GBのプランなんですが、まったく高速データ通信を使わないんです。

なぜかというと、通常時でも1Mのスピードが出ているので、まったくストレスなく使えるんです。

ただ、12時~13時と18時~19時の間は遅くなってしまいます。

(そこで高速データ通信を使うとストレスが軽減されます。)

家と会社では、無線LANを使っているので、とくに高速データ通信は使わなくてすみます。

それで、月額1,500円なので言うこと無しですよね(笑)

さっそく楽天モバイルに乗り換える!

まとめ

ということで、「格安SIM VS 携帯キャリア」についてまとめます。

料金面に関しては、約2倍以上の差があり、年間にすると約60,000円の違いがある。

通信環境面に関しては、まったく変わらない。

という結果になりました。

格安SIMに変えずに、携帯キャリアを持っているそこのあなた!

お金が嫌いなんですか?(笑)

少し面倒くさいだけで、年間60,000円お小遣いが増えると考えたら、

やる価値はあると思いますよ!

ぼくは、携帯電話を大学生の頃から持っているので、約20年になります。

年間60,000円が20年だと考えたら、、、スゴイ金額ですね(笑)

とりあえず変えてみて、使ってダメだったらまた戻せばいいだけです。

一回やってみるのもおもしろいですよ!

今回はこの辺で終わりたいと思います。

楽天モバイルに乗り換える

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

ブログの最新情報は Twitter の方でお知らせします。ぜひフォローお願いします!

でわでわまた明日。

タイトルとURLをコピーしました