共同経営のメリット・デメリット

はいど~も!こ~たです。

共同経営のメリット・デメリットは、いろいろあるんですが、

まったくオススメしません!

みなさんは、「サラリーマンなんてやめて独立したい!」って

思ったことありますか?

ぼくは、ありました。

でも、なかなか行動できず「共同経営」という形で独立しました。

「独立するぞ!」って人に、のっかる感じですね。

今回は、この「共同経営」についてお話します。

いろいろ経験してきましたので、参考にしていただけたら、うれしいです。

共同経営のメリット

共同経営にはメリットがあります。

  • 独立するために勇気がいらない
  • 仕事が増えすぎても、分担できる

です。

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

独立するために勇気がいらない

ひとりで独立するときって、どうしてもいろいろ考えてしまいますよね。

  • 稼げなかったらどうしよう
  • 成功しなかったらどうしよう
  • 本当にできるんだろうか

などなど、いろいろ考えてしまいますよね。

でも、共同経営なら「独立するぞ!」って決めた人にのっかればいいんです。

かんたんですね(笑)

もちろん、「信用」や「やる気」がないと、のっかることはできません。

ぼくの場合は、「共感」と「まじめ」を武器にしました。

もともと友人関係だったので、信用はカンタンでした。

「共感」は、ずっとサラリーマンをやめたいっていう話をしていました。

「まじめ」は、学生時代のすごし方ですね。

先生のいうことは絶対!

部活も毎日休まない!

授業もサボらずうける!

授業中はしゃべらない!などなど

学生時代のぼくは、まじめを絵にかいたような人でした(笑)

こういった積み重ねがあったので、のっかることはカンタンでした。

仕事が増えすぎても、分担できる

ひとりでやっていると、どうしても作業量の限界がでてきます。

そこで「共同経営」の場合は、得意な作業を分担することができるんです!

自分が何にをやればいいのかがはっきりし、効率もあがります。

ぼくの場合だと、

  • 「経理関係」はぼく、「デザイン関係」は相手
  • 「接客」はぼく、「印刷作業」は相手
  • 「面接」はぼく、「教育係」は相手

といった、分担作業をしています。

自分の得意分野を伸ばしあって、効率化をはかることができます。

共同経営のデメリット

メリットがあるよに、やはりデメリットもあります。

  • 決断までに時間がかかる
  • しっかりルールを決めないと、もめる
  • はじめに「終わり」を決めないと、やめれない

です。

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

決断までに時間がかかる

これはもう、仕方がないことですね。

ふたりで考えるので、どうしても「意見の食いちがい」がでてきます。

ひとりでやっていれば、「これからはこうだ!」と決めたら、

ただただ行動するだけですからね。

【意見が食いちがう → 話し合い → 決定】

どうしても、「話し合い」をはさまないと「決定」までもっていけません。

しかも、この「話し合い」は1回で終わるとはかぎりません。

ぼくの場合は、どれだけ提案をしても、相手が聞く耳をもたず、ただ流されるだけなので、

最近ではまったく何も提案しなくなりました(笑)

ま~相手が社長なので、しょうがないんですけどね。

それが嫌な人は、社長になりましょう!

社長になっても、「相手の意見を聞く」これだけは、忘れないでください。

これを忘れると、信用が「ゼロ」になりますよ!

ぼくは今、社長に対して信用など一切ありません(キッパリ!)

しっかりルールを決めないと、もめる

これは、めちゃくちゃ大事なことですね。

しっかり決めておかないと、毎回、言い争いになります。

もう、時間もムダになるし、ストレスもたまります。

はじめから、しっかり決めたものは、スムーズにストレスなく進みます。

途中からのルールは、その場でしっかり決めておくことが、大事です。

そのときに、なんとなくで終わってしまうと、

そのあと「言った・言わなかった」の言い争いになり、また時間をムダにします。

決めるときは、「しっかり時間をとって決める」これを徹底しましょう!

はじめに「終わり」を決めないと、やめれない

これを決めておかないと、マジで消耗します。

ぼくは今まで、2回ほど「やめる」と申しでましたが、ことごとく却下されました。

毎回うまいこと言われ、言いくるめられます。

ほんとに「情けない」のひとことですね。

社長が、毎回決まっていうことは「最後までやり遂げるって言ったよね?」です。

ぼくは、まったく言ってないんですけどね(笑)

それで、今にいたっているわけです。

ほんと「情けない」ポンコツです。

しかし、はじめに「終わり」を決めておくとスムーズに進みます。

単純なことでいいんです。

たとえば、

  • 今あるお金がなくなったら終わり
  • 収入が前年度を下回ったら終わり
  • 目標に届かなければ終わり

です。

自分のなかで決めるだけでは、意味ありません。

しっかり、はじめる前に話し合うことが重要です。

まとめ

今回は、「共同経営のメリット・デメリット」について書きました。

メリット

  • 独立するために勇気がいらない
  • 仕事が増えすぎても、分担できる

デメリット

  • 決断までに時間がかかる
  • しっかりルールを決めないと、もめる
  • はじめに「終わり」を決めないと、やめれない

ぼくは、明らかにデメリットの方が上回っているので、

まったくオススメしません!

最近気づいたことなんですが、どうも社長は【絶対に失敗をしたくない】人みたいですね。

こういう人と組んだらもう終わりです。

ゲームオーバー

ジ・エンド

【完】

こんな感じです(笑)

世の中の成功者で、失敗していない人はいません。

うちの社長は、どれだけ赤字をたらしても、つぶす気はないみたいです。

こういう人組むと、ものすごく時間を損します。

独立する前に、よく話し合ってから決めてくださいね。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

でわでわまた明日。

タイトルとURLをコピーしました