写経をやってよかったこと3つ!

はいど~も!こ~たです。

写経をはじめて、1ヶ月ほどになりました。

そこから気づいたことをお話します。

今回はこの3つです。

  1. タイピングが早くなる
  2. わからない漢字がなくなる
  3. より理解が深まる

それではいってみましょ~!

写経とは?

もともとの意味は、「お経を書き写す」ことです。

印刷機がない時代に、お坊さんが手書きでお経を書き写し、広げていった行為です。

日本では、お坊さんの修行の一環としておこなわれいる。

写経をすることによって、御利益(ごりやく)があるとされています。

ぼくの場合は、「お経」ではなく「書籍や教材」を写経しています。

タイピングが早くなる

いきなり「タイピング?」って言われても・・・・。

「?」ってなりますよね(笑)

「書き写さないと意味ないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、

パソコンで書き写してもいいんです!

ぼくは、紙に文字を書くことが得意ではないので、パソコンでやってます。

もちろん、紙に書くことでも効果は変わりません。

自分の好きな方で始めましょう。

パソコンで写経することによって、タイピングの練習にもなります。

なので、ブラインドタッチを練習したい人にも効果的です。

(※ブラインドタッチとは両手でカッコよくタイピングすることです。)

ブラインドタッチができる人であれば、30分で約2,000文字のスピードで写経できます。

1ヶ月ほど続ければ、30分で約3,000文字は打てるようになります。

「継続は力なり」ですね!

毎日やることが大切です。

書経をやるときは、「タイマー」を使うと効果的で、その時間はとても集中できます。

「この時間は邪魔されたくない!」という気持ちが湧いてくるためですね。

パソコンでやるときは、「電子書籍」でやるのがおすすめです。

ひとつの画面で、両方を映すことができるからですね。

めちゃくちゃ快適なので、まだ紙の本ではやったことがありません。

これも、好みになりますので、一度試してみることが重要です。

わからない漢字がなくなる

書籍を写経していると、ほんとたくさんの漢字がでてきます。

もともと、読書をしていなかった人間なので、漢字の勉強にもなります(笑)

しかも、パソコンで写経しているので、わからない漢字がでてきても、

コピーしてすぐ検索ができちゃうんです。

これ、めちゃくちゃ楽 なんです。

  1. わからない漢字を「コピー」&「ペースト」する
  2. 結果がわかる

しかし、「紙の本」と「ノート」に書いている場合だと、

  1. わからない漢字がでてくる
  2. 「辞書」または「スマホ」を用意する
  3. 読み方がわからないので、別の方法で調べる
  4. 結果がわかる

これだけ面倒くさいと、やめちゃいますよね。

なので、パソコンでやる方が効率的にできるのでおすすめです。

より理解が深まる

写経を1ヶ月やっていて分かったことなんですが、

インプットとアウトプットが同時にできる モノなんです!

これって、すごいことなんですよね。

「書く」行為は、運動性記憶といわれます。

運動性記憶とは、運動神経を使って記憶することをいいます。

「書く」「話す」「投げる」「打つ」「泳ぐ」「飛ぶ」などなど。

  • 久しぶりにプールに行っても、泳げます
  • 久しぶりに自転車に乗っても、運転できます
  • 久しぶりにキャッチボールをやっても、ボールを投げれます

というように、運動神経を使った方が、記憶に定着します。

読書を写経に切り替えると、より理解が深まるということですね。

読書も、ただ読むだけではなく、気になるところを「メモ」しながら読むと、

効果があがるのでおすすめです。

まとめ

「写経をやってよかったこと3つ!」という話をしてきました。

  1. タイピングが早くなる
  2. わからない漢字がなくなる
  3. より理解が深まる

まだ、1ヶ月しか継続していないので、

「文章構成」だったり「言い回し」までは気づきがない状態です。

でも、「漢字とひらがなのバランス」が、なんとなくわかってきた気がします。

なによりも大事なことは「毎日コツコツ継続」するですね!

これからも書経を続けて、また気づきが見つかったときには、

こちらで報告します。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

でわでわまた明日。

タイトルとURLをコピーしました