Clubhouseのルームの作り方と使い方!!

Clubhouse

はいど~も!こ~たです。

今回も話題の「Clubhouse」ネタ、いきますよ~!!

それでは、本題にはいっていきましょう。

ルームの作り方

まずは、Clubhouseを起動させましょう。

赤枠「Clubhouseアイコン」をタップします。

画面下部の赤枠「+Start a room」をタップします。

ルームの名前を決める

赤枠「+Add a Topic(ルームの名前を追加)」をタップします。

緑枠にルーム名を入力して、赤枠「Set Topic(設定する)」をタップします。

3種類のルームを作ることができます。

ひとつずつ説明します。

  • Open:Start a room open to everyone「全員に公開してはじめます」
  • Social:Start a room with people follow「フォロワーまで公開してはじめます」
  • Closed:Start a room people I choose「選んだ人だけに公開してはじめます」

それぞれのルームを作ってみましょう。

Openルーム、Socialルームの作り方

「Open」「Social」を選択し、「Let’s go」タップしルームを作ります。

これでルームは完成です。

しゃべりつくしましょう!

Closedルームの作り方

「Closed」をタップして選択し「Choose People…」をタップします。

しゃべりたい人を探して、黄枠の丸印にチェックを入れます。

赤枠「Let’s Go」をタップします。

これで、Closedルームの完成です。

ルームが完成したので、次は使い方の解説にはいります。

ルームの使い方

3種類のルームを、ひとつずつわけて解説します。

かぶる部分もあるかと思いますが、ご了承ください。

Openルームの使い方

ルームが完成すると、こちらの画面に移動します。

ひとつずつ解説します。

➊「・・・」ボタン

「・・・」ボタンは、

  • ルームにいる人を検索
  • ルームの終了

ができるボタンになります。

このボタンをタップすると、こちらの画面が表示されます。

【これなんて書いてあるかというと】

  • Search Room:「ルームにいる人を探す」ルームの中にいる人を検索できます。
  • End Room:「ルームを終わります」
  • Cancel:キャンセル

➋「Leave quietly」ボタン

このボタンは、ルームから退出するためのボタンです。

Leave quietly「静かに去る」という意味です。

退出するときは、静かに去りましょう。

➌「ハンドマーク」ボタン

ここのボタンは、挙手した人のリストを見ることができます。

ここをタップすると、こちらの画面が表示されます。

ここでスピーカーにあげたい人を選ぶことができます。

挙手した人がいない場合は、誰もリストに入っていません。

【これなんて書いてあるかというと】

Raised Hands

「挙手」

Open to Everyone

「だれでも参加できます」

No one has their hand raised yet!

「まだだれも手を挙げていません!」

➍「+」ボタン

このボタンは、誰かをこのルームに呼ぶボタンです。

ここをタップすると、こちらの画面が表示されます。

呼びたい人を検索して、アイコンをタップするとその人に通知を送ることができます。

【これなんて書いてあるかというと】

Ping someone into the room

「誰かを部屋に入れる」

➎「マイクマーク」ボタン

このボタンは、マイクON・OFFの切り替えボタンです。

じゃべっていないときは、OFFにするのがマナーです。

OFFにすることで、アイコンの右下にミュートマークが点灯します。

マイクマークをポチポチ連打することで、「拍手」を表せます。

しゃべっている人に共感したときは、やってみましょう!

Socialルームの使い方

ルームが完成すると、こちらの画面に移動します。

ひとつずつ解説します。

➊「・・・」ボタン

「・・・」ボタンは、

  • ルーム種類の変更
  • ルームにいる人を検索
  • ルームの終了

ができるボタンになります。

このボタンをタップすると、こちらの画面が表示されます。

【これなんて書いてあるかというと】

  • Let Visitors In:「訪問者を許可する」Openルームに変更できます。
  • Search Room:「ルームにいる人を探す」ルームの中にいる人を検索できます。
  • End Room:「ルームを終わります」
  • Cancel:キャンセル

「Let Visitors In」をタップすると、こちらの画面に移動します。

【これなんて書いてあるかというと】

Let visitors into the room?

「誰でもルームに入れるようにしますか?」

Woo! This will let everyone on Clubhouse join you!

「わーい!これでClubhouseのみんなも参加できるよ!」

  • Never Mind「やっぱやめとく」
  • Yup!「やったー!」

「Yup!」をタップすると、Openルームに切り替わります。

➋「Socialマーク」ボタン

このボタンをタップすると、こちらの注意書きが表示されます。

【これなんて書いてあるかというと】

Social Rooms are for trusted conversation with just the people the moderators follow.

「Socialルームは司会者がフォローしている人たちとの、信頼できる会話のためのものです。」

➌「Leave quietly」ボタン

このボタンは、ルームから退出するためのボタンです。

Leave quietly「静かに去る」という意味です。

退出するときは、静かに去りましょう。

➍「ハンドマーク」ボタン

ここのボタンは、挙手した人のリストを見ることができます。

ここをタップすると、こちらの画面が表示されます。

ここでスピーカーにあげたい人を選ぶことができます。

挙手した人がいない場合は、誰もリストに入っていません。

【これなんて書いてあるかというと】

Raised Hands

「挙手」

Open to Everyone

「だれでも参加できます」

No one has their hand raised yet!

「まだだれも手を挙げていません!」

➎「+」ボタン

このボタンは、誰かをこのルームに呼ぶボタンです。

ここをタップすると、こちらの画面が表示されます。

呼びたい人を検索して、アイコンをタップするとその人に通知を送ることができます。

【これなんて書いてあるかというと】

Ping someone into the room

「誰かを部屋に入れる」

➏「マイクマーク」ボタン

このボタンは、マイクON・OFFの切り替えボタンです。

じゃべっていないときは、OFFにするのがマナーです。

OFFにすることで、アイコンの右下にミュートマークが点灯します。

マイクマークをポチポチ連打することで、「拍手」を表せます。

しゃべっている人に共感したときは、やってみましょう!

Closedルームの使い方

ルームが完成すると、こちらの画面に移動します。

ひとつずつ解説します。

➊「・・・」ボタン

「・・・」ボタンは、

  • ルーム種類の変更
  • ルームにいる人を検索
  • ルームの終了

ができるボタンになります。

このボタンをタップすると、こちらの画面が表示されます。

【これなんて書いてあるかというと】

  • Let Visitors In:「訪問者を許可する」OpenルームSocialルームに変更できます。
  • Search Room:「ルームにいる人を探す」ルームの中にいる人を検索できます。
  • End Room:「ルームを終わります」
  • Cancel:キャンセル

➋「鍵マーク」ボタン

このボタンをタップすると、こちらの注意書きが表示されます。

【これなんて書いてあるかというと】

Closed Rooms are for intimate conversations with only those invited to join.

「クローズドルームは、招待された人だけが参加できる親密な会話の場です。」

➌「Open It Up…」ボタン

このボタンは、OpenルームSocialルームに変更するためのボタンです。

ここをタップすると、こちらの画面が表示されます。

【これなんて書いてあるかというと】

Who should be let in?

「この部屋に誰を入れますか?」

  • Everyone:「全員」Openルームに切り替わります。
    • タップすると、画面上部に”This room is now open to everyone. Feel free to add friends!”「このルームは、すべての人に開放されました。自由に友達を追加できます!」と表示されます。
  • Anyone a Moderator Follows:「司会者がフォローしている人」Socialルームに切り替わります。
    • タップすると、画面上部に”This room is now open to all the people followed by the moderators”「このルームは、司会者のフォロワー全員に公開されました。」と表示されます。
  • Cancel:キャンセル

➍「Leave quietly」ボタン

このボタンは、ルームから退出するためのボタンです。

Leave quietly「静かに去る」という意味です。

退出するときは、静かに去りましょう。

➎「ハンドマーク」ボタン

ここのボタンは、挙手した人のリストを見ることができます。

ここをタップすると、こちらの画面が表示されます。

ここでスピーカーにあげたい人を選ぶことができます。

挙手した人がいない場合は、誰もリストに入っていません。

【これなんて書いてあるかというと】

Raised Hands

「挙手」

Open to Everyone

「だれでも参加できます」

No one has their hand raised yet!

「まだだれも手を挙げていません!」

➏「+」ボタン

このボタンは、誰かをこのルームに呼ぶボタンです。

ここをタップすると、こちらの画面が表示されます。

呼びたい人を検索して、アイコンをタップするとその人に通知を送ることができます。

【これなんて書いてあるかというと】

Ping someone into the room

「誰かを部屋に入れる」

➐「マイクマーク」ボタン

このボタンは、マイクON・OFFの切り替えボタンです。

じゃべっていないときは、OFFにするのがマナーです。

OFFにすることで、アイコンの右下にミュートマークが点灯します。

マイクマークをポチポチ連打することで、「拍手」を表せます。

しゃべっている人に共感したときは、やってみましょう!

まとめ

今回は「Clubhouseのルームの作り方と使い方」について解説しました。

英語のアプリなので、やっぱり全然わからん。

こういうときは「英語できるといいな~」って思いますね。

まだ、聴き専門だった人はぜひお試しください!

はじめは、まったくしゃべれませんので覚悟してくださいね(笑)

まだまだ初心者なので、記事書くのに1日かかりました(^^;

めっちゃ時間かかったし、めっちゃ疲れた(笑)

完成してホッとしております。

Clubhouseの攻略法を知りたい方は、こちらがおすすめです。

【徹底解説】クラブハウスをはじめるときに必ず読む本(イケハヤ書房)

インフルエンサーイケハヤさんの新書になります!

すでにClubhouseのフォロワー数は3万人います(笑)(2021年02月05日現在)

これは読まなきゃ損ですね!

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ブログの最新情報は Twitter の方でお知らせします。ぜひフォローお願いします!

でわでわまた明日。

あわせて読みたい

コメント

  1. […] Clubhouseのルームの作り方と使い方!! […]

タイトルとURLをコピーしました