Amazonオーディブルのメリット・デメリット!

Amazon

はいど~も!こ~たです。

みなさんは、Amazonオーディブル 使ってますか~?

ぼくは、バリバリ使ってます!

「通勤中の車の中で」「トイレにいったときに」と色んな場面で使ってます。

メリット・デメリットは下記通りまとめました。

  • 時間を有効活用できる
  • 本を読まなくても読書ができる
  • 無料で読書ができる
  • 聞き出すと終われなくなる

それでは、いってみましょ~!

Amazonオーディブルとは?

Amazonが提供している、「書籍の読み上げサービス」です。

いわゆる、オーディオブックのことですね。

Amazonでのサービス名が「Amazonオーディブル」になります。

プロの声優や著名人の朗読で楽しめ、

ベストセラーから名作まで40万冊以上のラインナップから選べます。

「Amazonアカウント」と「スマホのアプリ」があれば、いつでもどこでも読書が楽しめます。

Amazon Echoシリーズでも楽しむことができます。

「アレクサ、本を読んで」と、ひとこと呼びかければ家族や友人と一緒に楽しめます。

メリット

Amazonオーディブルのメリットを、3つにまとめてみました。

ひとつずつ順番に見てみましょう。

時間を有効活用できる

これは、まさしく「ながら聴き」ですね。

人間は、何かをしているときでも、があいているものです。

  • 通勤の運転中
  • ウォーキングをして汗を流しているとき
  • 家事をしているとき

と、何か特定のことをやっていても、耳では別のことができるのです!

この特性をうまく使うことで、時間を有効活用できます。

  • 運転しているときに、ビジネスの勉強!
  • ウォーキング中に、自己啓発!
  • 料理を作りながら、推理小説!

Amazonオーディブル があれば、普段の生活にムダがなくなります。

「時間がなくて勉強できない」「忙しくて本が読めない」

そんな言い訳はもうしなくてよくなりますね。

本を読まなくても読書ができる

これは画期的ですよね!

どうしても文字を読むことが嫌いな人っていますよね。

ぼくも、4か月前まではそうでした。

しかし、この Amazonオーディブル は、本を読まなくても読書ができてしまうのです!

本はプロの声優さんや著名人が朗読してくれます。

再生速度も、0.5~3.5倍と幅広い速度で対応。

1倍速で4時間48分かかる本でも、3.5倍速で聴くと1時間22分で聴けてしまいます。

東京-名古屋間の新幹線でも、完結しますね。

無料で読書ができる

メリットの3つ目は、30日間であればタダでお試しができるんです!

しかも、40万冊のなかから1冊であれば、どれでも無料でもらえます。

30日後には、月額1,500円で継続になり、継続するたびに毎月1冊本がもらえます。

無料期間に退会手続きをしても、はじめの1冊目はこの先ず~と聴き続けることができちゃいます。

もう至れり尽くせりですね。

退会手続きもいつでもできますし、本が気に入らなければ返品交換もできます。

しかも、1年以内という長期間の保証がついてきちゃうんです。

さすが、Amazon帝国!

これはもう、断る理由がないですね。

登録はこちらからどぞ → Amazonオーディブル登録 (2021年02月24日までは2ヶ月無料!)

登録方法が分からない方は、こちらからどぞ → Amazonオーディブルを無料体験する方法!

デメリット

使っていて、デメリットはほとんどありません。

しいていうなら、こちらになります。

聞き出すと終われなくなる

こうなってしまうと、きりのいいところまで聴きたくなっちゃいます。

ひとりのときは問題ないんですが、誰かといるときは気まずくなりますね。

そういうときは、あきらめてスマホのアプリを終了させましょう。

そうでもしないと、ず~と聴き続けてしまいます。

ここだけは気をつけてください!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、【Amazonオーディブルのメリット・デメリット】についてお話しました。

圧倒的にメリットがまさってますね。

聴き流しが慣れてくると、再生速度もあがってきて、より効率よく読書ができます。

無料ではじめられるのは、いっきにハードルが下がりますね。

しかも、欲しい本が1冊もらえてしまうという大盤振る舞い!

サクッとはじめちゃってください↓

Amazonオーディブルを無料体験する

あわせて読みたい

Amazonオーディブルを無料体験する方法!

こちらでは、Amazonオーディブルの設定方法を解説しています。

ご参考にどうぞ。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

でわでわまた明日。

タイトルとURLをコピーしました