ビットコインを簡単にやさしく解説します!!

Bitcoin

はいど~も!こ~たです。

今回はビットコインについて解説します。

ビットコインは第2のバブルになっていますね!

2020年3月から1年間で約10倍になっています。

10倍ってヤバいですよね。

そんな今注目のビットコインについて解説していきます。

「テキストを読むの面倒くさいな~」って方には音声配信してますのでこちらからど~ぞ

ビットコインとは❓ - おまえ誰やねん‼️ラジオ | stand.fm
・仮想通貨、暗号通貨、暗号資産と呼ばれている。 ・サトシナカモトさんが生み出したもの。 ・ブロックチェーンという仕組みで動いている。 ・改ざん、偽装が不可能 イケハヤさんの本です! 【完全解説】詐欺に注意! ビットコイン投資の正しい始め方

それではいってみましょ~

誰がつくったの?

ビットコインは2009年に「サトシナカモト」さんによってつくられました。

見るからに日本人の名前でビックリですよね。

実はこの「サトシナカモト」さんは誰かわかっていません。

ハル・フィニーさんが有力といわれています。

初期保有者が持っているコインは、現在まったく動いていないので、「もう死んでしまっている」という話もあります。

このビットコイン、なにかというと暗号化されたお金のことです。

なので「暗号通貨」「暗号資産」「仮想通貨」と呼ばれています。

ビットコインでは、2017年後半から2018年初頭にかけて「ビットコインバブル」がおきました。

2017年8月には【298,849円】だったのが、4か月後の12月には【2,227,388円】になりました。

たったの4ヶ月で約8倍になったんですね!

恐ろしい伸びかただな~と思っていたんですが、なんと2020年3月から2021年3月にかけて「第2のビットコインバブル」が到来しました。

2020年3月には【587,094円】だったのが、2021年2月には【5,918,124円】になりました。

簡単に過去最高値を突きやぶって約10倍まで価格をつけました。

これを書いているのが2021年3月なんですが、まだ500万円台をうろついています。

最近は企業の参入もはじまって、価格は落ち着いてきましたね。

テスラが購入すると価格がめちゃくちゃ上がるのは、おもしろいですね(笑)

ブロックチェーンって何?

ビットコインは「ブロックチェーン」というシステムで動いています。

ビットコインを「車」にたとえるなら、ブロックチェーンは「エンジン」ですね。

ブロックチェーンとは、改ざん・偽造できないデータベース技術で革命的といわれています。

改ざん・偽造しようとすると、電気代だけで1時間に8,000万円かかるといわれています。

しかも、それだけかけても成功するかはわかりません!

やる価値まったくないですね(笑)

そのため、ハッキングする人はいなくなります。

めちゃくちゃ電気代はかかるし、コンピューターを用意するだけでもコストがかかります。

ビットコインには「マイニング」があります。

マイニングとは、ネットワークを正しく計算してビットコインを報酬としてもらうことです。

ビットコインを改ざんしてやろうと悪人がきます。

しかし、ブロックチェーンのセキュリティが堅牢すぎて「こりゃムリだね!」となって、まじめに「マイニング」をする方がお得ということに気づくのです。

ブロックチェーン恐るべしですね(笑)

ビットコインには管理者がいない?

そうなんです!ビットコインには管理者がいないんです。

日本円の場合は、日本銀行が管理してますよね。

ビットコインの場合は、みんなで管理し合っているイメージです。

しかも、誰でも参加可能です。

参加するためには、ビットコインを計算するコンピュータが必要になります。

それさえあれば参加できます。

そのため、世界中に計算力が分散され「みんなで管理し合っている」状態になるわけですね。

そしてもうひとつ、ビットコインには革命的なことがあります。

それは「ビットコインの開発に参加」できるんです。

でも、めちゃくちゃ難しいことなんで簡単には参加できません。

しっかり勉強して提案し、世界中の開発者が賛同してくれれば提案を取り入れてもらえます。

お金の開発に参加できるって夢がありますよね!

誰でもどこにでも送金可能

これはもうビットコインのすごいところですね!

インターネット環境とウォレットアドレスさえあれば、だれでもどこにでも送金できてしまう。

もちろんアドレスを見ただけでは誰のウォレットかは識別できなくなってます。

このブログの序盤に「サトシナカモト」さんの話をしましたよね。覚えてますか?

「初期保有者が持っているコインは、現在まったく動いていない」って話しました。

これどういう意味かわかりますか?

この「初期保有者」って書きかた引っかかりますよね。

「初期保有者 = サトシナカモト」と断定できないんです。

なので、初期保有者って書いていたんですね!

しかも、ビットコインは国では規制できないんです。

規制しようとするとインターネットを禁止しないといけないからなんです。

そんなこと、いくら国でもできませんよね(笑)

人類共通の自由通貨といえますね!

まとめ

今回は「ビットコインを簡単にやさしく解説します」でお送りしてきました。

2009年に誕生して、はや12年になりました。

はじめは「1ビットコイン = 0.4円」だったみたいですよ(^^;

それが今では500万円まで上がってきました。

しかも、発行される枚数は「2,100万枚」と決まっているため、希少性から「デジタルゴールド」とも呼ばれています。

基本的には長期で保有する投資といわれていて、将来的には4,000~5,000万円になるといわれています。

ロマンがありますよね!

でも、あくまで投資なのでリスクはつきものです!

投資するときは余剰資金でやりましょ~

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ブログの最新情報は Twitter の方でお知らせします。ぜひフォローお願いします!

でわでわまた明日。

あわせて読みたい

【完全解説】詐欺に注意!ビットコイン投資の正しい始め方。

【完全解説】詐欺に注意!ビットコイン投資の正しい始め方。 (イケハヤ書房) | イケダハヤト | 投資 | Kindleストア | Amazon
Amazonでイケダハヤトの【完全解説】詐欺に注意!ビットコイン投資の正しい始め方。 (イケハヤ書房)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

上記の本は【kindle unlimited】(30日無料キャンペーン中)だと無料で読むことができます。

kindle unlimitedはこちらから

デジタル登録のサインアップ
タイトルとURLをコピーしました