OpenSea で NFT を購入する方法を 5 ステップで紹介!!

悩めるオヤジ
悩めるオヤジ

NFT を買いたいけどハードル高すぎて挫折しそう。

NFT を買ったことがない人には難しくない?

誰か分かりやすく教えてくれないかな?

こちらのお悩みにお応えします。

はいど~も!こーたです。

今回は【CNP(CryptoNinja Partners)】を題材に、はじめて NFT を購入する方法を 5 ステップで解説していきます。

先に 5 ステップをいっておきますね。

  1. 仮想通貨取引所で口座開設し ETH を購入する
  2. METAMASK でウォレットをつくる
  3. METAMASK に ETH を送る
  4. OpenSea でアカウントを作成する
  5. CNP を購入する

販売から半年ほどで floor price は 2.899 ETH 。(2022 年 11 月 25 日現在)もともと 0.001 ETH だったのでハンパないですね😅

あり得ないスピードで CNP は人気を博しています。

なんと、もとの価格から 2,899 倍になっているんです!

この人気に乗り遅れないよう CNP の波に乗っておきましょう。

正直ハードルはめちゃくちゃ高いんですが、ひとつずつゆっくりやっていけば簡単に購入できます

5 つのステップに分かれているので、時間がないときは分けてやっても構いません。

時間がある土日にやると 1 日で NFT が購入できますよ👍

それではいってみましょ~!

仮想通貨取引所で口座開設し ETH を購入する

NFT を買うためには ETH が必要になります。

ETH を日本円で買うためには、国内の仮想通貨取引所が必要です。

今回おすすめする取引所は GMOコインです。

理由は、入出金手数料が無料だから。

GMOコイン以外の国内仮想通貨取引所の入出金手数料は、ハンパないぐらい高いんです。

たとえば、BTC や ETH を出金する場合の手数料を見てみましょう。

取引所 BTC ETH
GMOコイン無料無料
Coincheck 0,0005 BTC
(1,160 円)
0,005 ETH
(850 円)
bitFlyer 0,0004 BTC
(928 円)
0.005 ETH
(850 円)

CoincheckbitFlyer では、仮想通貨を送金するだけで 1,000 円近く手数料がかかってきます。

せっかく激安ミントやフリーミントでも、 Wallet に仮想通貨を送るだけで 1,000 円もかかっていたら意味ないですよね😅

まずは、手数料無料の GMOコインでコストを抑えましょう。

>>> さっそく手数料無料の GMOコインで口座開設する!

口座開設の方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。参考にどぞ👇

>>>【完全無料】GMO コインで口座開設する方法を 3 ステップで解説!!

口座開設が完了したら、いよいよ ETH を購入しましょう。

購入方法は簡単 2 ステップで完了。

  • 日本円を取引所に入金する
  • ETH を購入する

株式市場と違って、24 時間 365 日いつでも対応しているので、さっそく購入しましょう。

購入方法についてはこちらの記事で解説しています。参考にどぞ👇

>>>【初心者でも楽勝】GMO コインで仮想通貨を購入する方法を 2 ステップ解説!!

METAMASK でウォレットをつくる

NFT を購入するためには「仮想通貨ウォレット」が必要になります。

仮想通貨ウォレットとは財布のことで、 NFT を買うためには ETH が必要になり、その ETH を入れておく財布が METAMASK というわけです。

NFT は法定通貨(日本円、米ドル)では購入できません。

さっそく METAMASK をインストールして NFT を購入できる状態にしましょう!

>>> CNP を購入するために METAMASK をインストールする!

インストール方法はこちらの記事で詳しく解説しています。参考にどぞ👇

>>> 仮想通貨ウォレットはこれで決まり! METAMASK のインストール方法を解説!!

METAMASK に ETH を送る

METAMASK のインストールが完了したら、GMOコインから ETH を送ります。

前述した通り METAMASK は仮想通貨の財布なので、仮想通貨を入れる必要があります。

現実の財布と一緒で、お金が入っていないと買い物はできません。

仮想通貨は取引所から簡単に送れます。

今回は先ほど口座開設した GMOコインから送る方法を、こちらの記事で解説しています。

参考にどぞ👇

>>> GMO コインで仮想通貨を送金する方法を 3 ステップで解説!!

こーた
こーた

ここまできたらあと少しです!

いよいよ OpenSea でアカウントを作っていきます👍

OpenSea でアカウントを作成する

アカウントを作成するといっても、今までみたいに必要事項を入力する必要はありません。

今までのアカウント作成に必要な情報
  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • 本人確認 etc

様々な情報を打ち込まないと作成できませんでした。

しかし、OpenSeaWeb3 なので、先ほどインストールした METAMASK を繋ぐだけで OK です。

それではさっそくアカウントを作成しましょう。

こちらから公式ホームページに移動します👇

(※ 必ずこちらから公式ホームページに移動してください。Google 検索すると偽サイトが表示される場合があります。)

赤枠【Create】をクリックします。

METAMASK を繋いでいくので、赤枠【MetaMask】をクリックします。

  1. 赤枠【次へ】をクリックします。
    (※ ウォレットが複数ある場合は、繋ぎたいウォレットを選択してください。)
  2. 赤枠【接続】をクリックします。
  3. 赤枠【署名】をクリックします。

これで OpenSea でのアカウント作成は完了です。

こーた
こーた

はい!めちゃくちゃ簡単でしたね👍

続いてアカウント設定していきます。

名前やプロフィール画像が設定されていないので設定していきます。

  • 画面右上、赤枠 ❶【プロフィールアイコン】をクリックします。
  • メニューが開きますので、赤枠 ❷【Settings】をクリックします。

それぞれの項目を設定していきます。

  1. Username:自分の名前を入力します。
    (※ 英数字、「-」(ハイフン)、「_」(アンダーバー)のみ使用可能です。)
    名前エラーの写真
    ↑このエラーが出た場合は、すでに使われている名前なので変更しましょう。
  2. Bio:自己紹介を入力します。
    (※ 日本語でも入力可能です。)
  3. Email Address:メールアドレスを入力します。
  4. Twitter: Twitter を連携できます。
    (※ 必ず赤枠【Save】をした後に連携してください。❶〜❸ の入力項目が消えちゃいます。)
  5. Links:Instagram や自身のサイトを登録できます。
  6. Preview:クリックするとマイページの様子が確認できます。
  7. Profile Image:アイコンの画像を設定できます。
  8. Profile Banner:マイページのヘッダー画像を設定できます。

設定が完了したら、赤枠【Save】をクリックします。

  • Save をすると登録したメールアドレスにメールが届きます。
  • メールを開いて、赤枠【VERIFY MY EMAIL】をクリックします。
    (※ これはメールアドレスの認証するための作業です。)

これでアカウント設定は完了です。

こーた
こーた

お疲れさまでした!

あとは NFT を購入するだけになりました。

サクッと買っちゃいましょ〜♪( ´θ`)ノ

NFT を購入する

今回は CNP を購入するので、こちらから CNP の販売ページに移動します👇

(※ 必ずこちらから公式販売ページに移動してください。Google 検索すると偽サイトが表示される場合があります。)

  1. CNP の販売ページが表示されたら、下にスクロールします。
  2. 画面左、赤枠【Buy Now】をクリックして ✅ つけます。
    これで購入可能な CNP が絞れます。
    (※ 青枠【CHARACTER】を選ぶことで、キャラごとに絞れます。)
  3. 好きなキャラを選んでクリックします。
    オレンジ枠の数値が売値になります。この場合は 0.199 ETH で購入できます。

購入したい CNP が決まったら、赤枠【Buy now】をクリックします。

画面左下には PropertiesLevels を確認できるので楽しめますよ。
Levels に関しては今後ゲームで使われるかも!?

  1. 赤枠 ❶ は「利用規約に同意してください」という意味なので、利用規約をよく読みクリックして ✅ をつけます。
  2. 利用規約に同意したら、赤枠 ❷【Checkout】が青色に反転するのでクリックします。
  • オレンジの下線が今回のガス代になります。
    この時は、0.006696 ETH(7.51 ドル:1,000 円弱)なのでお得な方ですね。
    高い時は 1 万円とかするので、しっかり確認しましょう。
    (※ ガス代については日本時間の早朝が安いですよ。この日は 1.71 ドルでした。)
  • ガス代の確認ができたら、赤枠【確認】をクリックします。

無事、購入が完了すると CNP と一緒に「your purchase has processed!(購入手続きが完了しました)」と表示されます。

(👆実は CNP は一次販売でしか購入したことがありません。画像がなくて分かりにくいかもですが、ご了承いただければ助かります🙇)

これで購入完了です。

こーた
こーた

お疲れさまでした!

これであなたも NFT 投資家の仲間入りですね👍

最初の NFT は CNP で決まり!

今回は「NFT の購入方法 5 ステップ」について解説しました。

簡単に 5 ステップを振り返っておくと次の通りです。

  1. 仮想通貨取引所で口座開設し ETH を購入する
  2. METAMASK でウォレットをつくる
  3. METAMASK に ETH を送る
  4. OpenSea でアカウントを作成する
  5. NFT を購入する

はっきり言って複雑で難しいんですが、こちらの記事を参考にやれば楽勝です。

わからないところがある場合はなんでも聞いてくださいね。

最近では日本でもジェネラティブ NFT が盛んになってきました。

でも、どのプロジェクトでも成功するわけではありません。

もちろん購入したのはいいものの、NFT の価格がみるみる下がっていって、損することもあります。

せっかく苦労して買った NFT の価値がなくなったら、NFT 自体嫌いになっちゃいますよね。

こーた
こーた

そこで CNP なんです!

冒頭にも言いましたが、今や CNP の価値は販売当初から 2,899 倍になっています。

なぜ、そこまで価値が上がったのかは、プロジェクトが面白いからなんです。

CNP を持っているだけで、ありとあらゆる特典が付いてきます。

限定メタバースイベントからトークンの Airdrop、その他にも CNP の二次創作でもある CNPJAPP のホワイトリスト(AL:優先購入券)までもらえちゃいます。

至れり尽くせりですね😁

これだけ特典があってプロジェクトが面白いのは CNP だけだと思っています。

今この瞬間にも NinjaDAO では色んな企画が動き出しているはずです。

NinjaDAO については誰でも参加できますので、こちらからどぞ👇

>>> 世界一活気のある NinjaDAO に突入する!

価格は 50 万円ほどで高価になっていますが、それ相当の価値は充分にありますよ。

もし、合わなかったら OpenSea で売ることもできるので問題なし。

NFT はじめるなら CNP をゴリゴリにおすすめします😤

>>> さっそく CNP を買ってみる!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ブログの最新情報は Twitter の方でお知らせします。ぜひフォローお願いします!

でわでわまた次回。

タイトルとURLをコピーしました